お知らせ

2022.03.19

もしも運転中に地震が起きたら

もしも運転中に地震が起きたら

 3月11日は東日本大震災が起き、大地震や大津波が日本を襲った日です。

最近も大きな地震が起きました、地震への心配は尽きません。

もしもの時、対処法の知識が有ると無いとでは心持が違いますよね。

車の運転中に地震に見舞われた際の対処法をご紹介します。

Q1,走行中に地震が起きたら?

A1,急ブレーキや急ハンドルは避けてください、落ち着いて。

後続の車にハザードランプを点灯させ注意を促しながら

周囲の状況を確認し、道路の左端に車を停車させましょう。

Q2,停車後は?

A2,エンジンを停止させ、揺れが収まるまでは車内で待機してください。

スマホや車内のラジオなどで地震情報や交通状況の確認をしましょう。

Q3,車で避難する場合は?

A3,車での避難は、津波から避難をしたり、やむを得えず車の使用が必要な場合を除きおススメしません。

走行する場合は、路面状況や障害物、信号機の動作停止などに注意しながら進んでください。

Q4,車を置いて避難する場合は?

A4,車を道路外へ移動させるのが理想です。不可能な場合は、左端に寄せててください。

車のエンジンを止め、サイドブレーキを掛けます。窓は閉めた状態で、車の鍵は車内に残しドアロックは掛けないでください。

これは、緊急車両や救急車の通行の妨げにならない様に、必要に応じて車の移動をできるようにしておくため為ですね。

※車の補助キーは自分でもっていきましょう。

ページトップへ