お知らせ

2022.01.26

検査標章(車検ステッカー・車検シール)とは?

検査標章(車検ステッカー・車検シール)とは?

 

車検に通ると車検証と共に、更新され交付されるのがこの【検査標章(車検ステッカー・シール)】と呼ばれる物です。

クルマが国の保安基準に適合したこと、車検の有効期限の満了の(年・月)を表示しています。

車検証をクルマに携帯する事と同じように、この【検査標章】もクルマへの貼り付けが法令で定められています

車検証を受けとりにご来店いただいた際にはご希望で有れば、当店で車検ステッカーの貼り付けをさせて頂きます。

ご自身で貼り付けになられる場合、郵送で送らせて頂く場合は下記のように貼り付けてください。

←が検査標章です。この面が内側になるよう貼り付けてください。

検査標章の貼り付け方・場所

・クルマの前のガラス上部に車内から貼り付けてください。

・ガラスの着色されている部分には張らないでください。

・自動ブレーキ装置のセンサーカメラやフィルムアンテナ、ドライブレコーダーのカメラなどの前には張らないでください。

バックミラーの裏側に貼り付けて頂くと、運転時の視界の妨げになりません

運転席からはステッカーが見えません。

外側からは、満了日がしっかり確認できます。

車検を受けてから車検証や検査標章が交付されるまでの間、車検に合格したクルマに乗せてを置く標章が

保安基準適合標章です。こちらは車検証や検査標章が届いたら破棄してください。

保安基準適合標章には期限があり、期日までに車検証を受けとる必要があります。

←【保安基準適合標章】緑枠内が有効期限になります。

ページトップへ